ウォーターサーバーの水が余ったらどうする?

おしゃれでスタイリッシュなウォーターサーバーもたくさん登場しています。

一昔前のようにダサいイメージがほとんどないウォーターサーバーが増えてきていることから、多くの家庭でウォーターサーバーを設置することも多くなってきました。

おいしいお水が手軽に飲めて、お湯も沸かす必要がないため、かなり重宝すると人気を集めているわけですが、当たり前のことではあるものの、注文した量(ひと月の最低注文数)に対して一ヶ月の消費量が以外に少なかったということもあります。

つまり余ったらどすればいいの?というコトです。

こればかりは初期導入の際にわからないところでもあるので、致し方がない部分ではあります。ただ、ウォーターサーバーのお水は、ある程度賞味期限が設けられているため、その期間内であればおいしく、安心して飲めるものです。

余ったら災害用の水としても保存しておくことは可能ですので、しばらくはそのまま保管しておくことをお勧めしますね。

それでもまだたくさん余るのであれば、お料理に使ったりお花のお水に使ったりと用途はいろいろありますので、心配することはありません。

ただ、毎月少しずつ水が余ってしまうと、最終的には在庫がかなり増えてしまうことにつながるため、ウォーターサーバーを導入する際は、一ヶ月の最低注文数にもしっかりと注目するようにしましょう。

最低注文数が少ない分に関しては、問題はありません。

しかし、最低注文数が多くなればなるほど消費できるかどうかに疑問が出てきます。

そこで、ウォーターサーバーのお水が余らないようにするためには、まず導入する前に家族構成に対してどのくらいの量が必要になってくるのか調べてみましょう。

ウォーターサーバーメーカーのホームページなどに、家族構成や使い方で一ヶ月どのくらいのお水を消費することができるのか、参考になる値が算出されています。

もちろん、実際に利用した量とは差が出てきますが、参考にすることでかしこくウォーターサーバーを利用することができるようになります。

それでも余ったらどうしようと不安を覚えるのであれば、まずは一ヶ月の最低注文数が決まっていないウォーターサーバーを設置して、一ヶ月ないし二ヶ月、三ヶ月としばらく使ってみて水の量が把握出来た上で、違うメーカーに乗り換えるという方法もあります。

ただ、乗り換えの際に気をつけなければいけないのは契約期間内の解約には、サーバーの返送料が発生する可能性が高くなることです。その点についても理解し、一番適したウォーターサーバーを取り入れるようにしましょう。

bana_totop

サブコンテンツ

このページの先頭へ