電気ポットとウォーターサーバーを比較しました

飲用のお水は水道水もしくはペットボトルのミネラルウォーター、お湯は電気ポットを利用されている方も多いのではないでしょうか。ウォーターサーバーが今のように普及する前は、これが当たり前でした。ですが、近年のウォーターサーバーは冷水とお湯が出る画期的な機能が付いているため、設置されるお宅も年々増加しています。電気ポットという名の通り、電気の力を使ってお湯を沸かしています。さらに沸かしたら保温しなければなりません。それも24時間毎日です。利用の状況によって異なるものの、電気ポットを使用した際の一ヶ月の電気代は約1,000円程度になります。

ウォーターサーバーの場合、平均で一ヶ月1,000円ほど電気代がかかるタイプが多いので、比較すれば電気代ではあまり変わりがないことになります。しかしながら、ウォーターサーバーは、さらに電気代をカットすることが出来る省エネタイプもたくさんあります。そのウォーターサーバーを設置した場合、電気代は一ヶ月約300円~800円と1,000円を切ることも不可能ではありません。

さらに、電気ポットはカルキ抜きをしたり定期的にキレイに洗ってメンテナンスをしなければいけませんが、ウォーターサーバーの場合、メンテナンスが不要なタイプが多いため、手間も電気ポットに比べるとかかりません。

電気ポットの場合、水道水を使ってお湯を沸かす事が多くなるため、メンテナンスをこまめに行わなくてはいけなくなってしまうのです。近年は、電気ポットの機能も高くなっていますので、以前のようにメンテナンスをこまめに行わなくても良いタイプもあるでしょう。

しかしながら、ウォーターサーバーは電気ポットのようなこまめなメンテナンスの必要もなければ、メンテナンス料も発生せず定期的にサーバーを交換してくれるメーカーもあるくらいです。それに加えて送料も無料で電気代も安ければ、ペットボトルのミネラルウォーターを買ったり電気ポットを使うよりもウォーターサーバーを設置した方が、トータル的に見てお得なことも多いのです。

ウォーターサーバーを言うと、どうしても設置するのに高上がりになるイメージも強いですし、置き場所も確保しなければならないため抵抗がある方も多かったのではないでしょうか。ですが、最近のウォーターサーバーはインテリアとしても重宝するデザインに充実した機能、さらに使いやすさを追求したものばかりです。設置を検討してみる価値は十分にあると言えます。
bana_totop

サブコンテンツ

このページの先頭へ