水ダイエットを効果的にするウォーターサーバーのコラム

カロリーのないお水をこまめに摂取することで、ダイエットにも繋がると言われています。水ダイエットなるものが定番となりつつある今、お水の注目度は以前と比べても高くなってきているのも事実。市販の天然水やミネラルウォーターを始め、ウォーターサーバーを設置する家庭が増えてきているのは、健康のため美容のため、またおいしいお水を手軽に飲むためなど様々な理由があるのです。

水ダイエットで飲用しなければいけない水の量は、約2リットルと言われています。お水をこまめに飲むことで、利尿作用があり老廃物を排出することができるデトックスにも繋がります。加えて、血液の循環も良くしてくれるというメリットもあります。健康的かつ代謝をアップさせたいという方におススメの水ダイエットですが、むやみやたらに飲めばいいというわけではないことも忘れてはいけません。

冷水ではなく、常温のお水もしくはぬるいお湯を飲むことが大切です。なぜかというと冷たいお水は体を冷やしてしまうからです。さらに、一日約2リットルと言われていますが、体重の4%のお水を飲むのが理想の値です。たとえば、体重が45キロだった場合、飲むお水の量は1.8リットルになります。体重50キロの方で2リットルが理想です。

飲むタイミングとしては、コップ一杯200ccを目安に、起床した後と朝食、昼食、夕食の食事前に飲むようし、一日で目安となる量を飲むことができるように工夫するようにしましょう。

また、水ダイエットでは2リットル前後のお水を飲むことになるため、おいしくなければ続けることができません。水道水がおいしい地域もあれば、残念ながらそうではない地域もあります。おいしくない水道水を飲むことほど辛いものはありません。これでは水ダイエットを続けることも難しくなってしまうため、市販のミネラルウォーターや天然水を利用したり、今注目を集めているウォーターサーバーの設置もおススメです。

また、ウォーターサーバーにも、市販のお水にも軟水と硬水があります。日本人の口に合うのは軟水でまろやかで飲みやすいという特徴を持っていますが、ダイエットのことを考えると硬水もおススメです。軟水に比べると、お水でもがっつりとした重みがあるので満腹感を得ることができます。ただ、好みがわかれるため、硬水が飲みにくいと感じる時は軟水でも構いません。美味しく飲むことができるかどうかが、水ダイエットの継続を左右すると言っても過言ではありません。お好みのお水をお選びください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ