ウォーターサーバーの衛生、大丈夫?

結論→以前に比べてかなり衛生的で大丈夫になっています!

おいしいお水が手軽に飲めるとあって、今人気を集めているのがウォーターサーバーです。

お水に含まれている不純物を限りなく取り除き、純水に近いお水となっています。しかし一方で、不純物が入っていない、また殺菌してくれる役割を担っている塩素は一切使われていないことから不純物が混ざりやすい状況であると言えます。

となると、ウォーターサーバーのお水は衛生面で問題が出てきてしまうことになるわけですが、大丈夫なのでしょうか。おしゃれな外観にとらわれて中身が不衛生では困っちゃいますよね。

ウォーターサーバーのお水の衛生面を左右するのがサーバー自体の性能とお水が入っているボトルの状態です。この2つがしっかりと相まっていれば、衛生面で心配することなくおいしいお水を常に飲むことができるのです。

無菌状態のお水でも外気にさらされれば菌が入ってしまう可能性も否定できませんが、外の空気がボトルに侵入してしまったとしても雑菌が入らないようにするフィルターなどが取りつけられているサーバーも登場してきているため、衛生面で心配することもありません。

また、使い捨てボトルと言われているワンウェイボトルは水を使用する際に使用した分だけボトルが縮んでいくため空気が入りにくい構造であり、衛生面で見ても安心できます。

さらに、サーバー自体がメンテナンス不要の優れたものもありますので、以前に比べると衛生的な面で不安になる要素はほぼなくなってきていると言えます。

少しのメンテナンスで衛生を保てます

お水やお湯の出口はどうしても汚れてしまったりしますので、この部分については自分でもしっかりとお手入れをすることが大切です。安心なお水を飲むことができるように、こまめにキレイなティッシュ等でふき取ったりするなどしましょう。これくらいなら手間という手間もかかりませんから、自宅で簡単に行うことが出来るのではないでしょうか。

せっかくおいしいお水を飲むためにウォーターサーバーを設置しているのです。いつまでも美味しいお水が飲めるように、サーバー自体の性能をしっかりと把握しておくことに加えて、自身でどのようなメンテナンスが必要なのか事前に確認しておくことをお勧めします。

サーバーの機能は十分でもやはり、衛生面で不安になるというのであれば、1年毎にサーバーを無料で交換してくれるメーカーのウォーターサーバーを設置するなどして、いつまでも安全かつ安心しておいしいお水が飲めるよう工夫するのも一つの方法です。

小さなお子様がいる家庭は特に、このような点に注目しながら一番適したウォーターサーバーを取り入れるようにしましょう。

bana_totop

サブコンテンツ

このページの先頭へ