ウォーターサーバーと水道水、市販の水の違い

ウォーターサーバーのお水は、とても美味しいと評判です。ウォーターサーバーと水道水の違いは、おいしさが挙げられますが、その他にもたくさんあります。

水道水よりも安全なものが多いという点も、違いの一つかもしれません。水道水は、塩素などの薬剤を使って河川の水をキレイにしています。

日本の水道水はどこの国の水道水に比べても安全性が高く、おいしく飲むことができるのですが、残念ながら地域差が大きく美味しく飲める地域とそうではない地域があるのが現状です。

また微量な鉄サビの混入もありますので赤ちゃんがいる家庭では心配されることでしょう。塩素と鉄錆は「浄水器」でも除去できますが、原発事故直後は水道水に放射性物質の懸念がありました。浄水器では放射性物質は除去できないのです。

逆にウォーターサーバーは、何十年もの年月をかけて作られた地下深くのお水をさらに安心して飲むことができるようろ過するなどして、ユーザーの手元に届けられています。ほとんど人間の手を加えずに飲むことができるくらいの自然のお水を使っていますので、微量にミネラルを含み味は水道水と非になりません。それくらいウォーターサーバーのお水のおいしさは素晴らしいのです。

ウォーターサーバーが主流になる前というのは、市販で売られているミネラルウォーターの人気はとても高い傾向にありました。しかしながら、近年はウォーターサーバーも手軽に設置することができるようになったこともあって、市販のお水からウォーターサーバーへ乗り換える家庭も増えてきています。

ミネラルウォーターももちろん美味しさは十分にありますが、ウォーターサーバーとの一番の違いは、自分で購入してこなければいけないという点です。一日に1リットル近く使うことになるお水、それを毎回買ってこなければいけない手間を考えれば、ウォーターサーバーは宅配で自宅にお水を届けてくれますので、手間も面倒もありません。お水のおいしさもウォーターサーバーは市販のお水に劣ることは全くありません。

さらに、家族が多くなればなるほど、毎回市販のお水を購入することは大変になります。ただ、ウォーターサーバーのお水は高いイメージがある方も少なくないのですが、それはメーカーによってピンキリであるということを忘れてはいけません。

同じリットル数でも高いところもあれば安く購入することができるものもあります。

市販の水はやすくて手ごろなのが魅力のところもありますが、一昔前とは比べ物にならないくらいウォーターサーバーもお得に利用することができるようになってきています。

各家庭によって使用状況は異なりますが、一台で冷水もお湯もでるということ、ミネラルなどが豊富であるということ、サーバーのメンテナンスも必要ないということを含めてもウォーターサーバーの設置を検討してみる価値は十分にあると言えるでしょう。

ウォーターサーバーおすすめランキングに戻る

サブコンテンツ

このページの先頭へ