ウォーターサーバーのRO水とは

美味しい水を求めて、様々なメーカーからいろいろなお水が登場しています。天然水を使っているもの、またRO水を使っているものがありますが、天然水についてはすでにお分かりの方も多いはずですが、RO水については余り存知のない方も多いのではないでしょうか。RO水というのは、逆浸透膜により水道水や天然水をろ過して作られたお水のことを指しています。

RO水の特徴として挙げられるのは、水の値段が天然水に比べるとリーズナブルであるという点、安全性が天然水に比べると高いという点でしょう。また、日本のメーカーのRO水は、プラスαでミネラルを加えていたりすることもありますし、海洋深層水や天然水をろ過して使用しているものなどがありますので、それぞれの特徴を踏まえながら、お好みに合わせてお選びください。ちなみに、RO水を作る際に使われている逆浸透膜フィルターは客船などで海水をろ過して飲用水として使用される際にも使われていますし、NASAのスペースシャトルでも循環飲料水の確保用としても使われています。

RO水のメリットは、口当たりが良く飲み水としてはもちろんのこと、お料理に使う場合にも味を変えることがありません。水道水よりも純度が高いですから、よりお料理がおいしくなるという嬉しいメリットもあります。

中でもおいしいRO水としても人気の高いアクラクララは、逆浸透膜でろ過した安全性の高いお水に加えて4種類のミネラルをバランスよく配合しています。日本人が一番飲みやすいと感じる軟水に仕上げ、天然のミネラルウォーターや浄水器に勝るお水です。また、モンドセレクション水部門において「優秀品質最高金賞」を3年連続で受賞しています。さらに、国際味覚審査機構においても優秀味覚賞を3年連続受賞しています。このように、最高峰に評価されていることからRO水の王様とも言われています。おしゃれで豊富な外観のサーバーも選びやすいポイントになっています。

そしてもう一つ、RO水を提供しているクリクラでは、厳重に管理されている原水を3段の前処理フィルターを使い、約1ミクロンという小ささの不純物まで取り除いています。その後、逆浸透膜フィルターで約0.0001ミクロンという小さい不純物を除去しています。ということは、逆浸透膜フィルターを通ることで、ほぼ不純物のない純水にすることができるのです。さらに逆浸透膜を遠タオ水を後処理フィルターを通してピュアなお水に仕上げています。ですので、飲んだときの美味しさはひとしおなのです。

bana_totop

サブコンテンツ

このページの先頭へ