ワンウェイボトルとリターナブルボトルの違い

今のウォーターサーバーのボトルのタイプは大きく分けて2パターンあります。一つはガロンボトル、もう一つはワンウェイボトルです。この2つのボトルの違い、ご存知ですか。いろいろな視点から、ボトルのタイプの特性を紹介していきましょう。

まず一つ目のガロンボトルは、リターナブルと言われる再利用することを主としているボトルタイプです。リターナブルボトルということもありますが、近年はガロンボトルと呼ぶ方が多いかもしれません。リターナブルボトルに多いのが12Lですが、中には18Lもの水が入ものもあります。ウォーターサーバーに設置してお水がなくなると、空きボトルは業者に回収してもらい、業者がキレイに洗浄して再利用しています。ですので、ボトルの原材料となるものには洗浄や何度も使うことに耐えられる硬い素材のものが使われるのがほとんどです。硬質プラスチック、ポリカーボネイト製がほとんどでしょう。ただ、近年は技術が進化していることもあって頑丈なPET素材で作られているリターナブルボトルもあります。あまり心配するこほどのことはないとはいわれているものの、原材料に使用されている素材が溶出しているのではないかという噂もあります。ただ、日本のものはかなり安全性や衛生面でも高い評価がされていることから、言われているような素材の溶出は気にするほどのことではありません。容器が大きいので業者が持ち帰ってくれるまで自宅に置かなくてはいけないので置き場所に困る家庭もあるでしょう。

次に、ワンウェイボトルです。ワンウェイボトルは、スーパーやコンビニで売られているペットボトルと同じ素材で作られている使い捨てタイプのボトルを指します。水を使うたびに、ボトルが縮んでいき最終的にはつぶれた状態になるため、お住まいの自治体の指示に従った方法でゴミとして捨てることができます。ペットボトルが主流となっていることもあって、安全性はかなり高いと言えます。人間の体に支障をきたすようなことはほとんどないでしょう。ただ、水を使うごとにボトルが収縮していくため、空気は入りにくいとは言われているものの、完全に空気が入らないとは言い切れない部分があります。これはガロンボトルも同様ですが、どちらもお水の品質に支障を与えてしまうほど影響を及ぼすものではありません。

見せるウォーターバトルの場合はガロンタイプが多いですし、ウォーターサーバーの中にボトルを収納することができるタイプのものは、ワンウェイボトルが多い傾向にあります。自宅の広さなどを考慮しながら、どちらのボトルタイプが適しているか検討してみると良いでしょう。

bana_totop

サブコンテンツ

このページの先頭へ