軟水と硬水の違い、飲みやすいのはどっち

私たちが普段口にしているお水には、カルシウムやマグネシウムなどが含まれています。1000mlの中に溶けているカルシウムとマグネシウムの量がどれくらい入っているか、それを表しているのが「硬度」です。硬度が120ml/l以下を「軟水」といい、120mg/l以上を「硬水」といいます。もっと分かりやすく言うと、カルシウムとマグネシウムが1000ml中にたくさん含まれていればいるほど水が硬水になるということになるわけです。さらに細かくわけると、0~10mg/lの硬度を軟水、101~300mg/lの硬度を中硬水、301mg/lの硬度を硬水というのが一般的だとされています。

一見、どのお水も同じように見えますが、飲んでみれば一目瞭然でまろやかでさっぱりとしていたり、逆に重たくずっしりと感じたりします。同じお水でも硬度が変わるだけで風味も口当たりもおいしさも変わります。

成分がどのくらい含まれているのかによって口当たりが変わり、軟水になればなるほど飲みやすく、硬水になればなるほどマグネシウムの量が多くなるためお水でもとても飲みごたえのあるものになります。

ただ、日本の水道水や天然水の多くは軟水です。逆に欧米などでは硬水が多い傾向にあります。これには様々な要因が考えられますが、地形や地下の物質が異なるためだとされています。日本の天然水は地中にしみ込んでいる雪や雨水が汚れやゴミをろ過してミネラルを効率よく吸い取って湧き出していると考えられています。日本自体とても狭いところなので地層に浸透する時間が短いため、軟水が出来上がるのです。欧米などの大きな土地は地層までに接する時間が長いため、硬水が作られるとされています。

さらには、お肉などがメインの料理を口にすることが多い食文化の土地では硬水が、日本のように食が豊かでバランスよく食べている土地では軟水が好まれていると言われています。しかし、近年の日本は食の欧米化が進んでいることからミネラル不足が取り沙汰されているのが現状です。ですので、その日にどんなものを食べるのか、その時の食事に合わせて軟水を飲むのか、それとも硬水を飲むのか使い分けてみてもいいかもしれません。

ウォーターサーバーのお水に限らず、スーパーやコンビニで売られているお水にも軟水なのか、硬水なのか表記されています。その他にも海洋深層水やアルカリイオン水など、様々なお水が存在しています。購入する際は少しこのような点も見ながら手にとってみると面白いですね。

bana_totop

サブコンテンツ

このページの先頭へ