ウォーターサーバーの選び方ポイント

man01需要が高まっているウォーターサーバーですが、種類もたくさんありますすね。

またメーカーによって特徴も異なりますので、何をどのようにして選んだらいいのかわからない、悩んでしまうという方も多いのではないでしょうか。

確かに、有名メーカーのみならず地域に密着したメーカーを含めれば、何十という数になります。

これでは、悩んでしまうのも当然です。

しかしながら、ウォーターサーバーを選び方とポイントさえしっかりと把握していれば、失敗することもありませんし長い間愛用することができます。

 

ウォーターサーバー選び方で重要な6ポイント

ウォーターサーバーの選び方のポイントとして挙げられるのは次のの6ポイントです。

  • ボトルの種類
  • サーバーのレンタル料
  • 毎月の最低注文数
  • ボトルの設置の仕方
  • 水や電気代などの諸費用
  • デザインや外観

それぞれ説明していきますね。

 

●ボトルの種類

ボトルの種類には、ワンウェイボトルとリターナブルボトルがあります。
onewaybottle

リターナブルボトルは再利用を主としており、ワンウェイボトルは使い捨てタイプのボトルです。

どちらにもメリットがありますしデメリットがあります。

置き場所がなければワンウェイボトルが適していますし、環境のことを考えれば再利用できるリターナブルボトルが適しています。

私は使い終わったらすぐ捨てられるワンウェイボトルが好きです。

部屋がそう広くなく、置き場に困る方にもワンウェイがおすすめですね。

 

●レンタル料

waterserver01
ウォーターサーバーと一口に言っても、レンタル料が発生する場合と無料の場合があります。

レンタル料が発生するケースはメンテナンス料込となっていることもありますので、一概に料金がかかることが悪いとは言い切れません。

また無料でも、2ヶ月間休止したりする場合は、サーバーレンタル料がかかるケースも出てきますので注意が必要です。

解約時も、契約期間内であればサーバー返送料がかかることがほとんどですので、こちらについても覚えておくと良いでしょう。

実際、メーカーを何社か比較してみるとわかりますが1年間使うとどこも同じぐらいの費用になるものです。

 

●毎月の最低注文数

aquaclala01
ウォーターサーバーのメーカーは、一ヶ月の最低注文数が決まっていることが多く見つかるでしょう。

基本的には一定数量の定期配送になります。

月に2本~というところもあれば月に3本~、また最低注文数が決まっていないメーカーも少ないですけどあります。

一ヶ月にどのくらいのお水の量を使うのかによって選ぶべきウォーターサーバーの種類が異なることも忘れてはいけません。

 

●ボトルの設置の仕方

aquish05
ボトルの設置は以前までサーバーの上部から行うものが大半でしたが、近年は取り付けが簡単なものや、足元から楽々設置することが出来るタイプも登場しています。

ボトルは1本約12L=12Kgもするので重いですよね。女性には重労働になっちゃいます。まぁ若い人には問題ないかな。

 

●電気代などの諸費用

電気代も平均して月に1,000円程度と言われていますが、省エネ機能が付いているタイプのウォーターサーバーであれば、さらに月々の電気代を抑えることが可能です。

電気代は気にする方も多いですけど、どこのウォーターサーバーメーカーも1年使用するとだいたい同じぐらいの金額になるでしょう。

 

●デザインや外観

takujou
自宅の空きスペースに足りる幅、高さであることをチェック、部屋の色調にあったおしゃれな物を選ぶ、などが選び方のポイントです。
 


各ご家庭の生活環境は違うので様々な選び方のポイントがあります。上記の6点選ぶ際の参考にしてみてください。

全てパーフェクトなウォーターサーバーは無いと思いますので自分がどこを重視するか優先度を決めて選ぶと良いと思いますよ!

ウォーターサーバーおしゃれ人気ランキングに戻る

サブコンテンツ

このページの先頭へ