ウォーターサーバーのデメリットは料金がかかること?

nayami
以前に比べると、かなりウォーターサーバーの普及率は高くなってきています。

美味しいお水が手軽に飲めること、お湯も使えること、コスパもいいことなどたくさんのメリットがあるウォーターサーバーですが、残念ながらメリットのみならずデメリットが存在するのも事実です。

では、ウォーターサーバーのデメリットにはどんなことが挙げられるのでしょうか。

 

ウォーターサーバーのデメリット

 

電気代

ウォーターサーバーのデメリットとして挙げられるのは、メーカーやサーバーの機能によってもかなり差は生じるものの、月々1,000円程度の電気代がかかるという点です。

1,000円を高いと見るか安いと見るかは個々によって違いますが、簡単に言えば一年で12,000円の出費となりますので、安いとは言えない部分もあります。

しかしながら、サーバーによっては省エネ機能が付いていたりする場合もあり、このようなものは月々の電気代は300円~800円ほどに抑えることもできます。

 

定期購入

お水は原則として定期購入となるため、余っていたとしても毎月同じ量だけお水が送られてきます。

ただ、一時休止することができますので、余っていても消費するまで宅配をストップすることはできるのですが、2ヶ月ないし3ヶ月など一定の期間ストップする際は、休止料が発生するケースもありますので、その点もデメリットの一つになります。

 

設置する場所

多くの方が問題としているのが、設置場所です。

いくらコンパクトになってきているウォーターサーバーとは言えど、やはり相応のスペースが必要となります。

下手なところにおいてしまうと、当たったりして転倒してしまう可能性もあります。

コンセントに差し込まなければいけないため、コンセント付近に置かなくてはいけなくなるわけですから、設置場所がある程度限られてしまうという点も、デメリットと言われています。

 

一人暮らし、二人暮らし

一人暮らしや二人暮らしの場合、ウォーターサーバーを設置するよりもお水を購入した方が安くなることもあります。

一日にどのくらいお水を使っているのか、しっかりと把握した上でウォーターサーバーを設置する分には問題ありませんが、知らないで設置してしまうと想像以上にお水が消費できずに余ってしまう可能性も出てきます。

飲用のみならずお料理にも使うことが出来るウォーターサーバーのお水ですが、どんな家庭にも設置がおススメかと言えばそうではない部分もあるのが現状です。

 

メンテナンス

他にもボトルが重たくて交換が大変なこと、メンテナンスが必要ないとは言われていても、やはりこまめなお手入れが必要になる場合もあるため、料金以外の部分でもデメリットがあるといえますね。

デメリットよりも光るメリット

jisin
今日はデメリットをつらつらと書いてきましたけど、許容できれば問題ありません。

それ以上にメリットのほうが大きいと感じているので私は自宅に設置しています。

逆にいまからウォーターサーバーが無くなったら困る、ぐらいに思っていますので。

サブコンテンツ

このページの先頭へ